Welcome to my blog

愛くるしい

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

アナと雪の女王

Category - 映画
アナよ雪の女王を観てきました。

娘ちゃんは、初の長編映画でしたが、飽きることなく観ることができました。


まずは、ストーリーですが、

触れたものを凍らせたり雪や氷を作る魔法の力を持って生まれたアレンデール王国の王女・エルサ。

ある夜、妹のアナと魔法で遊んでいるときに、間違ってアナに魔法をぶつけてしまう。

二人の両親である王と妃は、目を覚まさないアナを助けるため、トロールたちの所に行って救いを乞う。

幸いアナはトロールの力で回復したが、それと引き換えに、二人で遊んで楽しかった思い出だけ残し、

魔法に関する記憶をアナの頭から消すことになる。

エルサが魔法のかを制御できるようになるまではと、国王夫妻は、城中の窓や戸や門を閉めることにしました。

そしてエルサは部屋に閉じこもり、誰とも触れ合わず自分を抑えて生きることを強いられる。

一方アナは、なぜ突然大好きな姉が自分を避けるようになったのか理由もわからないままに、

閉ざされた城の中で寂しく成長する。

その10年後、二人は両親を海難事故で亡くし、お互いだけが唯一の肉親となってしまう。

さらに3年後、成人したエルサは女王として即位することになる。

13年間閉ざしつづけた城の門を、特別に1日だけ開いて戴冠式が行われる。

しかし、エルサの魔法はもはや自分の意思で抑えることが出来ないほど強大なものになっていた。

自分を抑え感情を殺してなんとか1日を乗り切る覚悟をするエルサ。

一方アナは、13年ぶりに外界と接触できる特別な1日に、新たな出会いを期待して胸を膨らませる。

そして、戴冠式に招かれていた他国の王子ハンスと恋に落ち、出会ったその日のうちに結婚の約束までしてしまう。

婚約を告げられたエルサは、あまりにも早すぎる展開に二人の結婚を反対する。

エルサはアナと口論になり、思わず人々の前で魔法を暴発させてしまう。

自分の力を知られ、怪物呼ばわりされたエルサは王国から逃げだす。

そして夏の王国は、エルサが知らずに暴走させてしまった魔法によって永遠の冬に閉ざされる。

北の山にたどり着いたエルサはそこに魔法で氷の城を建て、

自分を抑えつけるのをやめてありのまま独りで生きていく決意をする。


感想

ストーリーもさる事ながら、劇中歌もとても素敵でした。

そして雪と氷の世界もとても素敵に描かれておりました。

あと、脇キャラの雪だるまの「オラフ」がとても可愛かったです。

そして、アナが主人公と思われる映画ですが、アナとエルサのWヒロインのストーリーです。

子供ならアナ目線で、大人ならエルサ目線で楽しめる映画だと思います。

娘ちゃんに、この映画を観せることができてよかったす。

小さいお子さんがいる方でも、ぜひぜひ一緒に見て欲しい映画です。







関連記事

Category - 映画

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。