今日はお休みなので、娘ちゃんのリクエストで

「プリキュア」の映画を観てきました。

平日だからなのか、公開から一週間すぎてるからか観客は3組みでした。

おかげて、ゆっくりまったり広々と観ることができました。

さて感想ですが、テレビシリーズではなんとなく、一番好きではないのですが、

映画は、それなりに楽しむことができし、娘ちゃんもとっても楽しく観れたみたいです。

そして、なにより「プリキュアオールスターズ」が来春公開されるみたいですが、

今度はライブになるのかな?

とりあえず、観たいと言われているので、来春も観に行く予定ですが、

次回は「ミラクルライト」はないのかな?

いくら集めることが出来るかな?と思っていたのに残念。

そして、映画のあとは、映画の半券サービスを利用して、美味しいお寿司をいただきました。



内容(「BOOK」データベースより)

かわいそうな子。この子は、母親を選べない―。ボランティア仲間の輪に入れない、子育て中の奈津子。たとえば、いますぐわたしに子どもができれば―。助産院の事務をしながら、不妊と夫の不実に悩む紗英。二人の異常なまでの密着が、運命を歪に変えてゆく。そして、紗英の夫が殺されて見つかった。女2人の、異常なまでの密着、歪な運命。気鋭の新人が放つ心理サスペンス!


悪いものが、来ませんように (角川書店単行本)悪いものが、来ませんように (角川書店単行本)
(2013/09/16)
芦沢 央

商品詳細を見る